第1学年  大学模擬授業

 日程 平成24年10月26日(金)(5・6限目)

講座

 伊藤 哲司 教授 茨城大学人文学部他者と出会い自分を知る心理学
 山本 勝博 教授 茨城大学教育学部結晶について考える
 橋浦 洋志 教授 茨城大学教育学部「聞く」ことと「話す」こと
 木越 英夫 教授 筑波大学数理物質系自然から学ぶ:天然物化学
 桃田 朗 准教授 筑波大学システム情報系経済学を学ぶとは ~社会工学の中の経済学~
 高屋敷明由美講師 筑波大学医学医療系「命」の授業
 立川 英一 教授 東京薬科大学くすりの効きめ ー薬理学への誘いー
 古澤  毅 助教 宇都宮大学工学部バイオマスって何?→使えるエネルギー源
 梅澤 光政 助教 茨城県立医療大

ちょっと変わったお医者さんのお話

「~病気を予防する世界を知っていますか?」

 

 

 

  
 
 
  
 
 
  
 
 

大学模擬授業を聞いて  

 経済学は元から興味がありました。講義の内容は前から気になっていた内容で、日本が借金を返すために消費税を上げるのであれば、政府が貨幣を印刷すれば消費税を上げないで済むと思っていましたが、結局消費税を上げても印刷しても世の中に与える影響は同じだということが分かりました。また、経済学を学ぶということは、「世の中に限りがあるものをどう使うのか」ということが分かりました.今回の講義を聴いて経済学を学びたいと思いました。

   

 医療は病気や怪我を治療するだけでなく、公衆衛生など予防医学を研究したり、それを多くの人へ広めたりすることも大切なことが分かりました。また、医療は治療・診断・サポートとそれぞれが専門分野にわかれていて、チーム医療が今、とても重要になってきていると思いました。しかし、医療の現状は厳しく、今問題の増税もかかわっていることを知り驚きました。今回の講義で医療のメリット・デメリット・公衆衛生などを知ることができました。  

 

 この事業は、創意ある計画を提示する学校を対象に県教育委員会が支援を行い、本県における特色ある学校づくりの推進を目的とした事業です。

 

 

行事のページへ戻る

 

 
 
Copyright 2015 茨城県立緑岡高等学校 All Rights Reserved.