HOME > 学校案内> 校長メッセージ 

校長メッセージ

 

茨城県立緑岡高等学校長 高瀬 宏樹

  茨城県立緑岡高等学校のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。

  本校は,昭和37年に創立され,今年で創立56年目を迎えます。これまで「誠実」「進取」「協和」の校訓のもと,「文武不岐の伝統精神の下に教育活動を推進し,高い知性とたくましい心を持ち,社会に貢献する人材を育成する。」ことを目指し,日々の教育活動を実践してきました。


 また,平成25年から,指定を受けております文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業については,SSH事業の第Ⅱ期の申請を見据え,第Ⅰ期完成年の5年目の取組を行ってまいります。このスーパーサイエンスハイスクールは,先進的な理数教育を実施するとともに,大学との共同研究や,国際性を育むための取組,創造性・独創性を高める指導法や教材の開発等を行う事業です。SSH関係の取組としまして,茨城大学との共同研究による「再生医療教育モデル講座」や「英語による高校生科学研究発表会」を開催,グアム大学における「海外研修」等,従来の高校の学習では体験できないようないろいろな事業を展開しております。こうした教育活動を行うことで,充実した教育環境の中で,充実した高校生活を送れるものと確信しております。

 

さらに,   

  ○ 自己の適性に基づく進路実現をサポートするハイレベル授業を展開する。

  ○ 将来を見とおした進路の決定とその実現を支援する。

  ○ 生徒の主体的活動を促進し,「生きる力」を育む。

  ○ 倫理観を養い,規律を重んずる生活態度を育む。

  ○ スパーサイエンスハイスクール(SSH)を核に理数教育の充実を図る。

 の5つを中期の重点目標と定め,教育環境を更に充実させ,生徒一人一人の自己実現を図っております。 


 これらを踏まえた教育活動の結果,国公立大学の現役合格者数においては,県内トップレベルの実績を残し,また,文武不岐の精神のもとに,部活動においてもすばらしい活躍をしています。

   

 緑岡高等学校のキャッチフレーズは


「創り出せ! 自分の未来を 緑高から」 です。


 これからも,新たな挑戦をしながら,皆さんの未来を創りだせる学校として,教職員一丸となって教育活動に取り組んでまいります。


                                                                           平成29年4月

 

創立記念日にあたって


                                                       平成28年10月16日
                                                       校 長   高瀬 宏樹

 10月16日は,本校の創立記念日です。昭和37年に開校し,創設期の生徒や教職員が一丸となって学校を創ってきた意志が,現在の緑高にも脈々を引き継がれています。今年で55年目の創立記念日を迎えましたが,これまで,1万5千余名の本校卒業生の皆さんが築いてきた伝統を守りながら,新たな歴史を生徒の皆さんと共に創っていきたいと考えています。

 ここ茨城県水戸市には,観梅で有名な「偕楽園」があります。梅は「百花の魁(さきがけ)」といわれ,冬の厳しい寒さの中,どの木よりも早く花を咲かせるといわれています。本校の校歌は「春さきがけて 白梅の」ではじまります。また,校章は3枚の梅の若葉と,その中央に梅の花を配したものとなっております。また,歴史的にも水戸市は弘道館を中心として日本のさきがけとなるような人文科学・医学の人材を輩出しています。平成25年に文部科学省から指定を受けたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究開発を取組を「さきがけプロジェクト」と位置づけ,理数教育のさきがけとなるような教育活動の展開を通して,さらなる飛躍に繋げたいと考えております。SSHの指定から4年が経過し,生徒の皆さんが,この活動に積極的に取り組み,社会で活躍できる人材として大きく成長していることを実感しております。

 生徒の皆さんは,創立記念日を迎え,緑高生としての自覚とプライドを胸に,先輩方が築きあげてきた伝統を踏まえ,志を高く持ち,学業・部活動・生徒会活動に日々精進してください。新たな緑高の歴史を創るのは,皆さん一人一人です。
  
「創り出せ! 自分の未来を 緑高から」

 を胸に,新たな一歩を踏み出すことを期待しています。
 
 
Copyright 2015 茨城県立緑岡高等学校 All Rights Reserved.