第1学年  キャリア講演会

 日程 平成24年6月8日(金)

 講師 田村 潤先生 独立行政法人 日本原子力研究開発機構

 演題 「J-PARCリニアックにおける研究生活と高校生へのメッセージ」

 対象 1学年全員および希望する保護者

 

 

講演が始まりました
生徒は熱心に聞いています。
わかりやすく説明していただきました。
生徒代表謝辞
 

キャリア講演を聞いて  

 僕が田村潤先生の講演を聞いて、一番に思ったことは、物理とかの以前に「人生のおもしろさ」です。先生は理系には興味を持っていたものの高校時代の将来の夢は「高層ビルでスーツを着て働くサラリーマン」というものだったそうです。それが現在働いている「J-PARC」というすばらしい施設の研究者に。全く関係がなかったことに驚きました。『友達に研究の協力を頼まれていなかったら研究者にならなかったかもしれない」ともおっしゃっていました。現在では、世界でもトップクラスの加速器を使った施設で研究しています。そのところに僕のこれからの人生も楽しみに感じました。この講義ではその他にも素粒子の流れやニュートリノの測定、核変換技術の進展など、興味深い物理のお話を聞けました。特に1億分の1㎝の原子1兆分の1㎝の原子核を見るためにそれらを衝突させてそのエネルギーをみるといった、想像もつかないような実験の内容を聞いてとても感心しました。僕も先生のように沢山勉強して将来を作っていきたいとおもいました。   (1年男子) 

 

 田村潤先生が高校生の時は勉強が好きではなかったと聞いてとても意外でした。大切なのは学校での成績よりも自分が本当に興味のあるものを見つけることなんだなと感じました。また、研究者の仕事は私の想像とは全く違っていて、地道な作業の積み重ねでした。私は理系に進みたいと考えているので、今回の田村先生のお話を参考に、自分の将来についてよく考えていきたとおもいました。          (1年女子)

 

 この事業は、創意ある計画を提示する学校を対象に県教育委員会が支援を行い、本県における特色ある学校づくりの推進を目的とした事業です。

 

 

行事のページへ戻る
 
 
Copyright 2015 茨城県立緑岡高等学校 All Rights Reserved.